「中級から学ぶ日本語」および「上級で学ぶ日本語」を使って授業を行う。

精読を旨とする。