1960年代に生じた深刻な公害や自然破壊の問題に対する社会運動が発展し、環境学、環境問題に対する市民の知識・関心の低さが指摘された。それを教育する方法として「環境教育」の考え方が形成 された。

 1990年には日本環境教育学会が創設 され、環境教育学の創始者の一人である藤岡貞彦は、その目標は環境権の確立にあると主張している。環境権とは新しい人権の一つで、良好な環境の中で生活を営む権利 のことを指す。 1993年の「環境基本法」の制定、2003年の「環境の保全のための意欲の増進及び環境教育の推進に関する法律」の制定がされた。このように日本においては、環境教育の推進のための施策が開始 された。現在では、自然保護や「持続可能性」についての議論 がおこなわれている。これらを世界の環境教育の先進事例として紹介する。